english

目的から探す

リードタイムを短くしたい

JBCの考えるリードタイム短縮

現在多くの企業が、リードタイム短縮に活発に取り組み、スピードを追求しています。
「時間」は、最もユニークなリソースです。極端な話、ビジネスでは品質よりスピードが重視されます。

顧客を取り巻く環境も刻々と変化する中では、スピードという価値が貴重です。大きく顧客に貢献することができ、強力な差別化要素の一つになります。

仮にあなたが急いでいるとき、見積を当日に返すことができる企業と1週間かかる企業のどちらを選ぶでしょうか。当然、当日見積が返ってくる企業を選ぶでしょう。厳しい競争を勝ち抜くにはスピードが重要です。

次に、リードタイム短縮では、「隙間」の考え方がポイントになります。
業務・作業の実働時間は、実は意外に少ないものです。標準リードタイムの殆どが、ごく稀にしか発生しない不具合対応等にかかった最大時間が基準とされています。当然レアケースのため、これを基準にしてしまうと、殆どが「隙間」となり、停滞時間という形で消費されます。

一方で、理想的な姿だけを捉えて設定されるリードタイムは非現実的です。不稼働要因を明らかにして対策を進め、理想的な姿に近づけていく取組が望まれます。

リードタイム短縮で多いご相談内容

JBCのお手伝いするリードタイム短縮アプローチ

JBCは、これまで個々のプロセスからサプライチェーン全体まで、多岐にわたる業界・業種のリードタイム短縮の取組を手掛けてきました。この経験を形式知化し、リードタイム短縮へのアプローチとして基本手順を設けおります。

実際のご支援にあたっては、基本手順をベースに、各企業の歩み・風土や固有課題にあわせてカスタマイズするようにしています。

イメージ1

これらの内容に関するお問合せはこちらから
リードタイム短縮の実績・事例はこちらから