english

目的から探す

コストダウンしたい

JBCの考えるコストダウン

企業にとって、コストダウンは永遠のテーマです。コストダウンが自社の課題から消えることはないでしょう。その一方、従来の延長線上でのコストダウンに行き詰まりを感じておられることも多いのではないでしょうか。

メーカーでは、過去には海外生産の進展で享受してきたコストダウン効果が得られにくくなってきました。

また、新製品開発サイクルの短縮は設計段階でのコスト追求を難しくしてきました。生産拠点が遠い海の彼方となることで、現場でどのようにコストが発生するのか、従来ベテランであれば当たり前にわかっていたことが難しくなったこともその一因です。

また、コストダウンがスローガンとなり、各部門毎の自助努力に頼っていることはないでしょうか。または、コストダウンと言えば製造コストだけを対象としたり、仕入れコストの引き下げに終始している側面はないでしょうか。

もちろん、原価低減は重要なテーマであることは間違いありません。また、部門単位での効率化、コストダウン取組みの強化も重要な経営課題です。さらに最近では、事業全体で発生するコストを最適化したいといったご相談が数多く寄せられています。

コストダウンで多いご相談内容

JBCのお手伝いするコストダウンアプローチ

コストは特効薬を飲めばすぐに下がるというよりも、企業毎に持つコスト追求のありかた、コスト体質そのものを改善することが重要と考えています。

その進め方は、事業環境や、これまでのコスト低減の取組み状況により、どのようなコストダウンアプローチとすべきか、企業により様々な姿があるかと思います。

JBCでは、各企業の特性を踏まえたコスト低減アプローチの企画から、実践を通じてコスト低減成果の発揮、さらにコストに強い企業作りのためのお手伝いを、創業以来、培ってきたコストダウンのノウハウを活用してご提供しております。

事業全体コストダウンアプローチの例

ここでは最近ご相談の多い『事業全体コストダウンアプローチ』をご紹介します。
コスト競争力を強化して企業間競争に打ち勝つためには、製品単体のコスト改善といった個々のコストダウンを進めるだけでは限界があります。

サプライヤーを含めた自社の事業活動全体視点に立って、そこで発生するすべてのコストへ対象を広げた改善の取り組みが欠かせません。そのためには、事業全体のコストを可視化がキーとなります。

アプローチの例

以下は、事業全体コスト低減の進め方の例です。
真に対策すべきコストは何か、事業全体のコスト体質を強化するために何に手をつけるべきかを解析しながら改善構想を作り上げます。これにより、関係者のコンセンサスに裏付けされた推進力を生み出します。 JBCではSCMコンサルティングに代表されるプロセスコンサルティングの経験を活かし、特に部門横断、組織横断の視点からコストが高くなる真因を掴み、最適な対策を図ります。

事業全体コスト低減の進め方の例

これらの内容に関するお問合せはこちらから
コストダウンの実績・事例はこちらから