english

目的から探す

在庫を減らしたい

JBCの考える在庫削減

多くの企業が、「在庫は悪である、在庫を減らせ」という指示の下、在庫削減に日々努力されています。

その一方で、業務上必要とされる在庫まで削減してしまった結果、欠品が続出したり、販売機会損失を招いたりと、悪影響が出ているケースも増えています。 在庫削減は重要なテーマです。そのために必要なことは、在庫の持つ利点を生かした「在庫活用」と、経営上のリスク低減のための在庫削減をバランスさせるための“適切な在庫管理”です。

メリット・デメリット

在庫削減で多いご相談内容

  • サプライチェーン全体視点で在庫削減したい
  • 実需連動型のものづくりを実現して在庫削減したい
  • 在庫適正化のための全社共通の指標を整備したい
  • リードタイムを短縮してストックポイントを源流に移動したい
  • 競争力の低下を招くだけの在庫低減の取組にしたくない
  • 継続的に在庫削減できる仕組みを構築したい

イメージ

上記のご相談に共通していたのは、適切な在庫管理の欠落でした。このポイントは2つあります。

「①在庫水準を下げる」 と 「②下げられた最低在庫水準を維持する」 ことです。 JBCは、これまで数多くの在庫削減に携わることで、“適切な在庫管理”を実現するための体系を確立しました。

適切な在庫管理

JBCのお手伝いする在庫削減アプローチ

そもそも在庫とは、需要スピードと供給スピードのギャップを埋めるためのものです。
適切な在庫管理により在庫削減することは、需要と供給のスピードを限りなく一致させる取組といえます。

この方向性には、大きく次の2つがあります。

① 需要スピードを予測し、それに応じて供給する。  ⇒ 計画の精度向上
② 供給の柔軟性を高め、需要スピードに追従する。 ⇒ プロセス改革

JBCは、サプライチェーンマネジメントのパイオニアとして、長年多くの在庫削減を手掛けてきました。
「計画精度の向上」と「プロセス改革」の両面も取り組むことで、『需要の変化に応じて、迅速にバランスし続ける仕組み』を構築できるよう支援させていただいています。

イメージ

生販在計画の最適化による在庫削減アプローチの例

ここで、近年ご相談の増えている 『生販在計画の最適化』による在庫適正化の進め方を例示します。
まず商品別の需要特性を起点に、生販在計画の立て方、在庫量の考え方等を設定します。次にサプライチェーン内の全プレーヤーで情報共有しながら、計画を確定するプロセスを再構築します。さらに在庫と販売機会損失の両面からの指標管理で、収益最大化の生販在計画を実現できるよう、ご支援させていただきます。

在庫削減アプローチの例

これらの内容に関するお問合せはこちらから
在庫削減の実績・事例はこちらから