english

目的から探す

売上を拡大したい

自社でいう「売上拡大」とは何か?

売上拡大の目的には、利益の獲得、あるいは市場におけるアドバンテージを確保するためのシェアの獲得などが挙げられます。そして、この売上拡大には4つの方向性があります。

① 既存顧客からの既存売上げの拡大(既存売上げの拡大)
② 既存顧客の新分野の開拓
③ 新規顧客の開拓
④ 業界初の商品を発売して新規市場を創造

売上拡大を単に販売金額、数量を何%か増やす場合としない限り、今までと違う商品、市場に打って出ることも売上拡大と同義語ではないでしょうか。

また多くの場合、一過性の売上拡大でなく、継続して売上を維持できる、事業そのものの規模拡大がなされなければならず、そうした規模に見合った事業構造とすることが求められるはずです。 自社でいう売上拡大とは何か、その定義を明確にすることから検討をはじめましょう。

「売上拡大」そのために何をすべきか?

売上拡大の実現には、事業力の強化方向を定めることが重要です。その項目として以下が挙げられます。

売上拡大のためには、上記のような事業強化方向の診断をはじめ、他にも市場/商品企画、業務力強化など、きわめて広範囲な対策が考えられます。

JBCでは売上拡大を図る対象事業の特性を踏まえて、どのようなアプローチがよいかご相談させていただいた上で、最も効果的な支援をさせていただきます。

売上拡大で多いご相談内容

JBCの売上拡大アプローチの例

売上拡大の切り口は幾つかございます。従って、企業の歩み・風土や固有課題にあわせコンサルティングメニューをカスタマイズし、提供するようにしています。

その中でも、お問合せの多い『ビジネスモデルアプローチ』をご紹介します。

これは、顧客ニーズにかなった商品やサービスを提供して、収益をあげ続けられる事業構造を形作る取組です。
ここで大切なことは、売上拡大を収益を上げるための一つの手段とすることです。

売上拡大

その上で、今までの事業の姿の見直しやリデザインを、①顧客、②提供価値、③プロセス、④収益構造の4つの視点からモデリングします。

JBCのリデザインアプローチ

以下は、ETCの売上拡大を狙ったビジネスモデルアプローチの事例です。ETCの売上拡大にむけて、ビジネスモデルの4つの構成要素から改革ポイントと方向性を導き出しました。これは数年前に検討したものですが、現在実現されているものも多く、検討の有効性を確認できました。

ビジネスモデルアプローチの事例

最後は、ビジネスモデルアプローチによる売上拡大の進め方の例です。
まずは事業活動に大きな変化を与える事業環境の変化や技術革新、価値観の変化等を把握します。そこから収益アップ(≒売上拡大)にむけて、ゼロベースで今後の成長戦略を貴社が描けるよう、ご支援させていただきます。

売上拡大の進め方の例

これらの内容に関するお問合せはこちらから
売上拡大の実績・事例はこちらから