english

ご相談の多いメニュー

メンテナンスマネジメント革新

メンテナンスをサプライチェーンの視点から再定義し、経営と現場をつなぐマネジメントに転換を

装置産業型の製造業にとって、あるいは電力、通信など社会のインフラを担う企業体にとって保有する設備のメンテナンスは重要な経営テーマです。リスクマネジメントとしての設備保全だけではなく、保全工事や保守部品のコストダウンは永年の課題です。

ただし残念ながら多くの企業でメンテナンスは、保全部門あるいは機器メーカーに任せきりであったり、改善活動は現場の小集団活動に委ねられているケースも見受けられます。

JBCはメンテナンスのプロセスにこそサプライチェーンの考え方が重要ではないかと考えています。多くのプレイヤーによるサプライチェーンと見ることが重要です。

設備保全サプライチェーン

メンテナンスをサプライチェーンとして見ることです。そして従来の製品供給プロセスに適用してきたサプライチェーンマネジメント(SCM)の考え方を導入し、メンテナンス・プロセスの最適化、プロセスの性能を引き出すマネジメントの強化をはかることが重要です。

メンテナンス・プロセスの課題例

従来取組んできた現場中心の改善に加え、マネジメント視点での取組みを追加すること。それによりメンテナンスコストの低減、工期短縮等のより大きな成果を得ること。これらがこれからのメンテナンスには求められます。

マネジメント視点の取り組み

JBCが提供しているコンサルティング・サービス

メンテナンスマネジメント革新に関連してJBCが提供しているコンサルティング・サービスには以下のようなものがあります。お問合せをいただければ、さらに詳しいご紹介をさせていただきます。