english

ご相談の多いメニュー

サプライチェーン競争力強化

顧客の認める価値の観点から、サプライチェーン構造を再構成し、激化する競争の勝利者に

サプライチェーンの性能が企業の競争力における重要な要素であることは言うまでもありません。優れたサプライチェーンによる早く確かな納期対応は受注競争に勝つ鍵であり、プロセスの効率性は企業の収益を左右します。また、強いサプライチェーンを持つ企業は、産業界での良きビジネス・パートナーとして支持されます。

多くの企業がサプライチェーンの見直しを進めてきました。その目的はサプライチェーン全体のマネジメント強化による在庫削減であったり、長く広大なプロセスをシンプルなものとすることによるビジネスのスピードアップであったりしました。もちろんそうした取組みは極めて重要です。グローバル化が一層進む産業界においてサプライチェーンは限ることなく伸び続け複雑なものとなり、サプライチェーンのマネジメントは複雑さを増しています。

ただしこのときにサプライチェーンそのものを眺め、その形を見直すこと、プロセスのマネジメントの仕方を変えることだけでよいでしょうか。そもそも何のためのサプライチェーンなのか、我々は何をお客様に届けるためにサプライチェーンを運営しているのであろうか、真に世の中に価値ある企業となり競争勝者となるために、今一度原点に立ち返りサプライチェーンを再構成することも必要ではないでしょうか。JBCではそのような観点からのサプライチェーン改革の支援を行います。

サプライチェーンは世の中に便益をもたらすための商品を提供するプロセスです。商品とはモノであったり無形のサービスであったりします。また、確実な商品供給力そのものも商品の一部といえるでしょう。サプライチェーンを通じて何をお客様に提供するのか、お客様に我が社のどういった点に価値を見出していただくのか、サプライチェーンの強化を考える際に顧客への提供価値を出発点とする必要があります。

最高の提供価値

顧客が認める提供価値は何でしょうか、その内容は多種多様でありましょう。我が社は何を強みとして生きていくのか、ライバルとは何をもって差別化していったらよいか、また、伸びゆく市場でアドバンテージを得るためには顧客のニーズを確実につかむことも必要です。そして、真に強いサプライチェーンを作るために、顧客への提供価値を定義を定義した上で、その価値を届けるためのプロセスを再構成することが欠かせません。それは差別化できる商品の提供プロセスであったり、サービスや情報提供といった無形物を届けるプロセスであったりします。そしてプロセスの再構成はアライアンス・パートナーの再構成をも求めることでしょう。

顧客への提供価値

顧客の認める価値を出発点にしたサプライチェーン構造の再構成を行う際にJBCが推奨するアプローチは以下のようなステップが代表例です。

JBCが推奨するアプローチのステップ例

JBCが提供しているコンサルティング・サービス

サプライチェーン再構成に関連してJBCが提供しているコンサルティング・サービスには以下のようなものがあります。お問合せをいただければ、さらに詳しいご紹介をさせていただきます。